髭の原因と解決方法

髭が濃いことで起こるデメリットとは。日本人男性のヒゲは必要か

髭が濃いことで悩んでいる男性って多いですよね?剃っても剃っても生えてくる髭に対して、強い嫌悪感を感じている男性も少なくありません。

そんな髭のメリットって考えたことありますか?「何だかワイルドでカッコ良い…。」これは男性から見た外国人のイメージであって、女性からの人気とは比例しません。

1日、2日手入れしないだけでも顔中髭だらけになってしまう人は、なるべく早いヒゲ対策が必要です。髭を生やした男性は、清潔感が無く見えてしまいます。

そこで今回は、髭が濃いことで起きてしまうメリット・デメリットについて説明します。自分の髭と比較して見てみて下さい。

 

髭が濃いことのメリット

口元に生えた髭って、何だか偉そうに見えませんか?髭が濃いことで得られるメリットとしては、口元を隠せることで、男性を少し強くなったような気にさせることです。

整ったヒゲは、見方によってはデザイン性を感じ、その人の個性を引き立たせる役割も担っています。同時に遊び人のようなイメージを相手に与えることも出来ますね。

また、髭が濃いと言うことは、それだけ電気シェーバーやカミソリで髭を剃らないということなので、肌を傷つけないというメリットもあります。

毎日剃り続けることでの肌へのダメージは、想像以上に肌に蓄積していて、男性特有のニキビや肌荒れの原因にもなっています。

生やし方次第では小顔効果も期待できるため、顔の大きさが気になっている人は、髭によって顔をシャープに見せることが可能です。

でも、そんなに髭って必要ですか?確かに毎日剃るのは面倒ですし、少し触れただけで生えてきてるのが分かるとストレスにもなります。

何か髭を生やしている人って、逆に自分に自信が無いから髭で隠しているように見えませんか?髭が濃いことでのメリットは、デメリットの量に到底及びませんよ。

 

髭が濃いことのデメリット

街中で髭が濃い人を見ると、「あー、男性にありがちな面倒臭さの集大成が髭に表れてるなー。」と感じてしまいます。

男である私が見てもそう感じるので、異性から見た印象もとても良いとは言えません。「汚い・不潔そう・信用できない」など、悪い印象ばかり相手に与えてしまいます。

もちろん、「髭が生えている人が好き。」という女性がいるのも事実ですが、みんなこぞって言うのが「ちゃんと手入れされてるのが前提。」という言葉です。

自分のファッションとしてヒゲを毎日手入れしている男性でも、どうしてもナルシスト感が際立ってしまうのは否めませんよね?

今の時代、「清潔・スラッとした体型・美肌・美白・センスが良い」男性がモテます。女性が可愛いと言う女性は、必ずしも男性が思う可愛さとは違いませんか?

逆を考えれば分かることですが、男性がカッコ良いと思うのが、必ずしも女性から見てもカッコイイ訳ではない!ということです。

髭を生やしている自分がカッコ良いと勘違いしている人は、この機会に髭をスッキリさせてしまいましょう。

では、髭が濃いことでのデメリットを詳しく紹介していきます。

 

デメリット① 清潔感が無く信用できない

髭って、少し生えてるだけで汚く見えますよね?顔だけでなく着ている服まで汚らしく見えて、初対面の相手とのコミュニケーションも円滑にいかなくなります。

特に、営業などの仕事をしている人は、髭なんて生やしているのはタブーとされています。髭があるだけで何だかうさん臭さが漂いますし、自己管理も出来ない人が信用されるとは思いません。

当然、髭が伸びるのが早い人は「朝剃ってきたのに夕方にはこんなに生えてる…。」と悩みの種かもしれませんが、仕事の場ではそんなことを言っても通用しませんよね?

しかも、朝剃ったのにまた生えてきてしまった場合は、均等に生えていないまばらな髭が、余計に不潔さを演出してしまいます。

「相手の顔を見て話す。」というのは、営業の仕事では基本のことですが、日常生活でも相手とのコミュニケーションを円滑にするには重要なことです。

ましてや、女性との交流を深めたい時などは、相手の顔を見て話さなければ自分に興味を持ってもらうことさえ出来ません。

男の髭は異性へのアピール!?ビジネスに邪魔なヒゲの重要性とは

「一緒に食事をした相手が、物を食べる度に髭に汚れが付いて拭き取っている。」こんな光景が続くと、汚らしくて食事も美味しく頂けなくなってしまいますよね?

それほどまでに、髭はその人の清潔さや信用度を左右してしまうのです。

 

デメリット② ナルシストに見える

髭が濃くていつでも自分の髭を触るのが癖になっている人って、無意識に髭を触ってしまっていますよね?

男性が髪型を気にして、鏡や窓に映った自分の姿を見ては髪の毛を触っている光景は、はたから見たらただのナルシストにしか見えません。

これは髭に関しても同じことです。デザインとしてヒゲを生やしている人、面倒臭さがって髭が伸びている人、どちらも必然と自分の髭が何かに映る度に髭を触ってしまっている筈です。

この行為は、異性から見ても同性から見ても、「自分に酔っている人だな。」という悪いイメージしか与えません。

自分に酔ってる男って何がカッコ良いんでしょう?笑

良く考えれば、中二病のように何かのヒーローに憧れて、鏡に写った自分を見ながら自己満で酔いしれているのと同じですよね。

そんな姿を見たら、人間誰だって「この人変な人。未だに自分のカッコ良さに酔ってるんだ。」と思うのが自然です。

周りの目なんて気にせずに、堂々としている男性が一番男らしくてカッコ良いですよ!

 

デメリット③ 老けて見える

髭って長ければ長いだけ、年老いて見えますよね?それが白髪交じりの髭なら尚更です。ダンディな男に憧れているのなら伸ばしても良いかもしれませんが、評判は決して良くはありません。

女性は基本的に若い男が好きです。当然加齢と共に好みの異性も変わっていきますが、フレッシュさというのはいつ何時も大切だと言えます。

男性も、何歳になろうが若い女のアイドルが大好きですよね?それは女性も同じなのです。

若い頃に「大人っぽい!」と言われるのと、年を取ってから「老けてる!」と言われるのとでは全然意味が違います。

「老け」を感じさせてしまう需要な部分である「顔」は、「白髪・髭・シミ・しわ・たるみ」によって老け感を増大させてしまいます。

モテるなら、若い女性からモテたくないですか?男性は若くてスマートな方がカッコ良い!と言われてモテます。これはいつの時代も同じことです。

 

デメリット④ 日本人は似合わない

これは声を大きくして言いたいことですが、「日本人は髭ずらが似合わない!」です。髭って、外人のような何をしてもカッコ良く見える人が生やすべきものなのです。

日本人のような薄い顔では、髭だけが目立ってしまって全体的にバランスの悪い顔になってしまいます。日本人で髭の似合う男性っていますかね?

芸能人なら、「山田孝之」さんのようなイケメンであれば、伸びていてもカッコ良く見えるかもしれませんが、中途半端なイケメンが髭を生やしたところで不自然でしかないのです。

時代の流れに乗って美肌・美白を究めたいのであれば、白に黒という変に目立つ存在のヒゲは取っ払わなければなりません。

どうしても髭の濃い男性に憧れるなら、美肌・美白は諦めて、日焼けサロンなりサンオイルを塗りたくって、時代遅れの小麦色シミだらけ肌を目指せば良いでしょう。

でも時代遅れの男なんてカッコ悪いですよね?どうせなら流行を意識した男で、流行に敏感な女性をギャフンと言わせちゃいましょう!

 

まとめ

髭が濃いことでのメリット・デメリットについて説明しました。「元々ヒゲは薄い。」という私のような男性には興味の無い話かもしれませんが、今後いつ髭が濃くなるかはわかりません。

男性ホルモンンの量やバランスによって髭の濃さは変わってしまうので、自分のことではないとスルーせずに、男性誰しも起こりうることだと認識しておきましょう。

髭が濃くなる原因についてはこちらで紹介しています。

濃い髭を薄くし美肌男子に!ヒゲが伸びやすい原因と薄くする方法

女性から「ナルシスト!ダサい!」などと言われないように、日頃から髭の手入れを含めたスキンケアに注力していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。人間の進化過程で髭が生えてこなくなる可能性も否定できませんよ!

美白男子情報のまとめページ