皮脂の原因と解決方法

男の洗顔は1日1回。皮脂の落とし過ぎはニキビやテカりの原因に

皮脂の多さに悩まされる男性にとって、洗顔はテカりを抑える最終兵器ですよね?

毎日のお風呂や、毎朝の寝起きに洗顔をすると思いますが、力任せにゴシゴシと洗ってはいませんか?テカりの原因になる皮脂は、落とし過ぎると様々な肌トラブルを引き起こします。

皮脂の落とし過ぎはテカりを作るだけでなく、ニキビや肌荒れにも影響します。でも、皮脂は落とさないと酸化してニキビや肌荒れの原因になります。

「…え?じゃあどっちもダメじゃん!」と思ったあなた、正解です。じゃあどうすればいいの!?と思いますよね?

そこで今回は「皮脂の落とし過ぎはニキビやテカりの原因を作る。しかし落とさないこともダメ。」と題して、男の洗顔について紹介します。

 

なぜ皮脂が分泌されるのか

皮脂の分泌量には個人差があります。なぜ個人差が生じてしまうのかというと、皮脂と密接な関係にある男性ホルモンが関係しているからです。

皮脂は、皮脂腺が男性ホルモンによって刺激されることで分泌されます。遺伝的に男性ホルモンが多い男性は、皮脂の分泌量が多いというわけです。

では、どうして皮脂は存在するのかというと、皮脂は私達の大事な肌を外的ダメージから守る為に分泌されます。皮脂がないと、肌はノーガードで紫外線や乾燥の影響を受けてしまうのです。

皮脂は肌を守る上では非常に重要な役割を担っています。季節によっても分泌量は変化しますが、元々オイリー肌の人は、過剰な皮脂の分泌によって余計テカって見えてしまいます。

皮脂の分泌を抑えには生活習慣の改善が一番の近道です。詳しくはこちら。

男の顔のテカりを抑える簡単な方法!皮脂を減らして美肌&美白へ

「落とさないとテカる。落とし過ぎてもテカる。」それが皮脂なのです。男が皮脂の克服に躍り出るなら、洗顔を徹底しなければいけません。

間違った洗顔方法では、紫外線や乾燥からのダメージ以上に、自らが肌にダメージを与えていることになるかもしれません。

 

間違った皮脂対策

皮脂を適度に減らす為の方法を紹介します。間違った皮脂対策は、返って皮脂の量を増やすことになりかねません。今までの生活習慣を見直す良い機会として下さい。

例えば、こんな皮脂対策を行っていませんか?

①肌のテカりが気になるから、1日の間に何回も脂取り紙やティッシュで皮脂を拭き取っている。

②朝からベタついているのが嫌だから、洗顔は朝晩2回行っている。

③1日分の皮脂を落とす為に、夜の洗顔は時間をかけて行っている。

④乾燥する季節は、化粧水だけでなく乳液も使っている。

どれか一つでも当てはまっていませんか?これらは皮脂対策をする上で、全て間違った皮脂対策です。特に一つ目の対策は、皮脂の分泌を促しているだけなので逆効果です。

では、それぞれについて少し詳しく説明します。

 

間違った皮脂対策① 何度も拭き取る

「あぶら取り紙」なんて商品名を読んだら、これは脂だけを取ってくれる画期的な商品じゃないか!と思いますよね?

確かに皮脂を吸収する能力は高く、気になる部分に当てるだけで皮脂を気持ち良いほど吸い取ってくれます。しかし同時に、摩擦によって肌を傷つけていることに気付いて下さい。

あぶら取り紙は、「脂を取ってくれる紙」なのです!紙で擦りつけたら肌が傷むに決まってますよね?それに気付けないようでは美肌にはなれません。

これはティッシュにも言えることです。「肌に優しいティッシュなら全然大丈夫でしょ。」と思うかもしれませんが、ティッシュも素は紙で出来ています!

あぶら取り紙やティッシュのような紙で肌を擦ると、想像以上に摩擦が起こり、肌に大きなダメージを与えてしまっています。

この行為を1日の内に何回も行っていたら、それは体が防御反応を示して皮脂を過剰に分泌してしまうわけです。紙での皮脂の取り過ぎには注意しましょう。

 

間違った皮脂対策② 洗顔は朝晩2回行う

男は皮脂の量が多いので、ベタつき感が気になって朝にも石鹸を使って洗顔がしたくなりますよね?

寝ている間に掻いた汗と共に、皮脂もベタつきを感じさせる要因です。「これだけベタついているんだから、石鹸でしっかり洗い流した方が良いだろう。」と思いますよね?

しかし、洗顔フォームなどの泡を使った洗顔は1日1回で十分です!その1回は夜だけに行うようにしましょう。

「それじゃあベタつきが抑えられないじゃないか!」と感じるかもしれませんが、朝の洗顔はぬるま湯と冷水だけで十分なのです。

その理由は、1日2回でも皮脂を落とし過ぎているから。です。泡を使った洗顔は1日の汚れが溜まった夜だけで大丈夫ですよ。

洗顔フォームの販売会社が朝晩2回洗顔しましょう!と宣伝していますが、絶対必要ありません。元々オイリー肌の私が言うんだから間違いなしです。

私も最初は、この宣伝に騙されて朝晩洗顔フォームで洗顔をしていましたが、朝はぬるま湯と冷水だけにしたら見る見るテカりが収まって、オイリー肌が解消されました!

朝晩2回の洗顔は、皮脂を取り過ぎてしまうので絶対に止めましょう!1日1回の泡洗顔でテカりは抑えられます。

 

間違った皮脂対策③ 夜の洗顔は時間をかけて行う

洗顔フォームを使った洗顔は1日1回で十分だと説明しましたが、その1回に時間をかけてしまってはいけません。

なぜなら、今の洗顔フォームや石鹸は洗浄能力が高く、時間をかけるほど肌を傷ませてしまうからです。洗顔で顔全体にかける時間は、たったの10秒あればオッケーです。

それ以上時間をかけると、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまいます。

「1日の汚れを1回の洗顔にかけるのに、それだけで大丈夫なの!?」はい、大丈夫です。洗い上がりの肌を確認してみて下さい。いつもと何ら変わりないはずです。

1日1回の洗顔を有意義にする為には、正しい洗顔方法を行わなければいけません。洗顔料を使って顔を洗う場合は、しっかりと泡立ててから洗うようにしましょう。

洗顔は手で洗うのではなく泡で洗うのです。肌同士の摩擦も、肌にダメージを与える要因です。泡で優しく洗うことによって、肌へのダメージを軽減できます。

また、洗顔時のお湯の温度は37~38℃で統一しましょう。肌が熱湯に弱いのもそうですが、肌をほぐして汚れを落とし易くするのに、この温度が最適な温度なのです。

皮脂は必要以上に落とされた分だけ、また毛穴から分泌されます。過剰な分泌でテカらせない為にも、1日1回の洗顔を肌に優しい洗顔にしてあげて下さいね。

 

間違った皮脂対策④ 化粧水だけでなく乳液も使う

美容を少しかじった程度の人が起こしがちな間違いがこれです。「化粧水だけでは保湿能力に欠けるから、乳液も一緒に使って保湿は完璧だ。」と思っている人です。

乳液の主成分は油分です。いくら保湿成分が多く含まれるからといって、オイリーな男性の肌に上から油で蓋をしたらテカるに決まってますよね?

乳液は女性のような皮脂の量が少ない人や、乾燥肌で油分が足らない人が使うべき化粧品なのです。脂たっぷりな男性が使ったら、ただ脂が増えるだけです。

でも、保湿に関して気を遣うのはとても良いことです。いくら脂が多いからといって、保湿をしないようでは美肌は手に入りません。

化粧水と一緒に保湿にも気を使いたいなら、「セラミド」入りの保湿力の高いものを選びましょう。セラミドを多く含む、メンズ用のオールインワン化粧品がおすすめです。

「化粧水やその他の保湿などにも気を遣うなんて面倒臭い!」という男性にとっても、オールインワン化粧品はありがたい味方です。

メンズ向けの保湿力にこだわった、InstagramなどのSNSや雑誌でも話題のオールインワン化粧品口コミはこちら。

男の乾燥保湿対策に!テカらないZIGENオールインワン口コミ

 

正しい皮脂対策

正しい皮脂対策を行うには、上記で説明した間違った皮脂対策を改善すれば良いだけです。

特に、皮脂によるテカりやニキビの発生が気になって、何回も脂を取ってしまう人は、紙で出来たものではなく、肌に優しい綿やシルクで出来たものを使用しましょう。

手軽に使えるのが「ハンドタオル」です。ポケットにも入れれるサイズですし、気になった時に顔に少し当てるだけで気になる脂を吸い取ってくれます。

私も出掛ける際は、必ずハンドタオルを持って出るほどの必需品です。何と言っても、あぶら取り紙やティッシュで拭いている姿は、とてもカッコ良いとは言えませんよね?

「ハンカチ王子」が数年前に流行りましたが、ハンドタオルで顔を拭く姿は女性に対しても悪い印象は与えません。返って清潔な印象を与えます。

ハンカチは拭いてもそこまで摩擦を起こさないので、皮脂対策に適切です。綿やシルク素材だと、尚肌に優しく皮脂を拭き取れるので良いですね。

このハンドタオルと、1日1回の洗顔を徹底することが、正しい皮脂対策です。

 

まとめ

皮脂を過剰に取り過ぎることによって、ニキビやテカりの原因になります。しかし、皮脂を取らないことも肌トラブルに繋がってしまいます。

間違った皮脂対策を見直して正しい皮脂対策を行うことで、皮脂による肌トラブルを発生させないように出来ます。

洗顔料を使った洗顔は1日1回に抑え、美肌・美白になる為に、肌を必要以上に傷つけないスキンケアを行いましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。男の皮脂とは仲良く接していきましょうね!

美白男子情報のまとめページ